スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川クリニック眼科が破産=レーシック大手、事業は譲渡-東京地裁(時事通信)

 レーザー照射で視力を回復させるレーシック手術大手「神奈川クリニック眼科」を運営する博美会(東京都新宿区)は7日、東京地裁に破産手続きの開始を申請したと発表した。事業は「神戸クリニック」を運営する稜歩会(神戸市)に譲渡し、眼科医院事業は継続する。
 申請は6日付。同眼科は東京、名古屋、大阪、福岡の4カ所にある。博美会は昨年8月、常時行っている値引きを期間限定のように表示したのは景品表示法違反(有利誤認)の恐れがあるとして、公正取引委員会から警告を受けていた。 

【関連ニュース】
関西ア銀、37億円取り立て不能の恐れ=第一石産の破産手続き開始申請で
破産申請、取締役の総意でない=ジオス社長
社長不在のまま記者会見=受講者、従業員考え破産申請
英会話大手ジオスが破産=負債75億円、230校は授業継続
元専務、起訴内容認める=近未来通信投資詐欺

2県のコープ6店舗 破棄豚肉を加工販売(産経新聞)
ユズやスダチを試験栽培=気候変動、温暖化に対抗-「生産作物広げる狙い」・山形(時事通信)
谷亮子氏 参院選擁立 小沢氏「100万の味方得たよう」(毎日新聞)
<国会>与野党攻防の激しさ増す 普天間で審議混乱の可能性(毎日新聞)
首相動静(5月3日)(時事通信)

好き嫌いもこれで治る? スーパー給食に児童舌鼓 (産経新聞)

 「おいしい給食日本一」を合言葉に、学校給食に力を入れている東京都足立区の区立鹿浜西小学校で21日、有名シェフ2人がつくった給食が児童に振る舞われた。試食では「大人の味かな?」との意見もでたが、児童には「おいしい」と大好評だった。

[フォト]児童も舌鼓…有名シェフが作った“スーパー給食”

 給食に腕を振るったのは、新宿区の「新宿割烹 中嶋」店主、中嶋貞治さんと、渋谷区の「szechwanrestaurant陳渋谷店」料理長、菰田(こもだ)欣也さん。

 子供が苦手な食材のひじきや魚をおいしく食べられる献立として考えられた、「鮭ひじきご飯」「柚子溜白魚」(白身魚のあんかけユズ風味)「春キャベツとしらすの炒め煮」「檸檬蘋果凍」(レモン風味のアップルゼリー)が出された。材料費は1食254円。

 給食後に児童と交流した中嶋さんは「『野菜がおいしかった』と言ってくれたのがうれしかった。野菜にも命があるので、食べることに感謝して食べてください」と話した。

 また、菰田さんは「料理をつくっている人は、一生懸命考えているので、なるべく残さないようにしてください」と語りかけていた。

 文部科学省によると、平成8年の文部省(当時)局長通達で、こうしたユニークが給食が出される環境が整ったという。全国各地の学校給食で多様な取り組みが行われている。足立区では20年から、おいしい給食に関するプロジェクトを続けている。

【関連記事】
学校給食に異変!給食に「お茶」で“牛乳離れ”あおる?
箸の持ち方、どう教える 無理やりは禁物、興味を持たせて
卒業しても「学舎の味」 前橋市が給食人気16品レシピ、中3生に配布へ
本家・具だくさん「中華系ラー油」が人気 横浜中華街
食ってみた「1万円ラーメン」! ついに明かされたそのスープの秘密
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

みんなの党、参院選目標10議席以上(読売新聞)
搭乗求め大混雑=欧州行き出発便カウンター-成田空港(時事通信)
舛添氏「国民は自民党政権望んでいない」(産経新聞)
雑記帳 「チーム青森」の近江谷選手が市営バスの車内放送(毎日新聞)
厚労省内と仕分け第2弾の対象は無関係―枝野担当相(医療介護CBニュース)

着陸直前、機首下げ操作=「標準からずれた操縦」-米貨物機炎上・安全委(時事通信)

 成田空港で昨年3月、米フェデックスの貨物機(MD11型機)が着陸に失敗し炎上、乗員2人が死亡した事故で、着陸直前に機首を下げ、バウンド後に3基のエンジンのうち2基のみの出力を上げる操作がされていたことが16日、運輸安全委員会が公表した事故調査経過報告で分かった。安全委は「標準的な操縦からずれている」としており、さらに詳細な分析を進め、事故原因を解明する。
 事故当時、風向きや風速が急に変わる「ウインドシア」は、警報が出される強さのものは観測されなかったという。
 安全委によると、同機は滑走路で2回バウンドを繰り返した後、やや左に傾きながら前脚から接地。左主翼が折れ、燃料が流出して炎上し、滑走路左の草地に横転した。2回目のバウンドは約5秒間、高さは最高約4.9メートルだった。接地の衝撃で設計上の制限を超える荷重が加わったため、翼が折れた可能性が高い。 

【関連ニュース】
第1波で荷崩れ、2波で傾斜拡大か=三重県沖のフェリー座礁
安全委にエレベーター部会=来年にも法改正、遺族に報告
「安全管理体制立て直しを」=JR西に根本的対処求める
滑走中に操縦系統に異常か=NZ航空機の離陸中止
特急衝突、乗客ら41人けが=ダンプがスリップ、踏切に

<新高齢者医療>厚労省試算 被用者保険続行で税負担削減(毎日新聞)
文部科学省、公立学校の耐震化に予算配分(産経新聞)
<普天間移設>「一つの民意」反対集会に首相(毎日新聞)
「カーブチーの日」制定へ 伊豆味みかん生産組合
<事業仕分け>因縁の対決 ノーベル化学賞・野依氏と(毎日新聞)

中国青海省の地震、邦人被害の情報なし=平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は14日午後の記者会見で、中国青海省で起きた地震に関し「邦人が被害にあったという情報には接していない」と述べた。 

【関連ニュース】
現時点で邦人被害の情報ない=在チリ大使館

東京駅に爆弾! テロ訓練=APEC控え駅員ら真剣-警視庁(時事通信)
【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(5)(産経新聞)
超小型衛星 11年8月打ち上げ 星の位置など観測(毎日新聞)
「立ち上がれ…」略称「日本」、新党日本と重複?(読売新聞)
6カ月長男虐待の父「ベッドから落ちた」 妻らに言い訳(産経新聞)

病腎移植3例目はじまる 愛媛・宇和島徳洲会病院(産経新聞)

 徳洲会グループは6日、臨床研究3例目となる病腎(修復腎)移植移植手術を愛媛県宇和島市の宇和島徳洲会病院で開始した。万波誠医師(69)の執刀で行われ、午後にも終了する見通し。

 病院によると、手術は愛媛県内の50代の腎がん患者の男性から、透析治療を続ける県内の50代の慢性腎不全患者の女性への移植。同病院は病腎移植を昨年12月末、約3年半ぶりに臨床研究として再開し、1例目を第三者間で、3月に2例目を夫婦間で実施した。

【関連記事】
病腎移植、6日に3例目実施 宇和島徳洲会病院
「理解してもらいたい」病腎移植で万波医師
病腎移植、2例目となる手術実施 宇和島徳洲会病院
妻から夫へ病腎移植、摘出手術始まる 宇和島徳洲会病院
73歳女性、病腎移植めぐり市を提訴
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

「勝手に俺の写真撮った」女子高生を連れ去ろうとした男を逮捕 警視庁(産経新聞)
核なき世界へ「大きな一歩」=核不使用、ルール化に努力-岡田外相(時事通信)
警視庁科学捜査研究所でガラスが破裂 (産経新聞)
日米首脳、夕食会で隣席へ=核安保サミット(時事通信)
政府、4党解決案受け入れ=JRに200人の雇用要請-不採用問題決着へ(時事通信)
プロフィール

Author:たかおかまさよしさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。