スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好況時の財政再建が重要=ギリシャ危機に焦点―内閣府報告(時事通信)

 内閣府は28日、半年ごとに海外経済の動向を分析している「世界経済の潮流」を公表した。今回はギリシャの財政危機を焦点に、懸念される影響の拡大などに力点を置いて分析。その上で「金融資本市場による警告はタイミングが遅く、制御不能に陥りやすい」とし、好況時に財政再建しておくことが重要と強調した。財政状況が悪い日本にも当てはまりそうだ。
 ギリシャ問題では、政権交代で財政データの悪化が発覚し、市場の不信を招いて国債の格付けが下がった経緯を指摘。また、(1)同国はマイナス成長が続く中で本当に財政再建できるか(2)スペインやポルトガルなどの南欧諸国に危機が波及しないか(3)問題国の国債を大量保有する独仏などの欧州金融機関に影響が出ないか―などの懸念を列挙した。 

【関連ニュース】
出口戦略で温度差=財政再建めぐり討議-OECD閣僚理
地元の反発踏まえ現実判断=現行案回帰を評価
強まる逆風、「郵政票」照準=23日、局長総会
心残りは税財政・社会保障改革=御手洗経団連会長がお別れ会見
11年度から消費増税を=IMF、財政再建の早期着手求める

浜教組の行為は教育介入 自民・義家議員が指摘(産経新聞)
植物工場は農業の救世主になれるか?(産経新聞)
<パロマ工業中毒死>元社長ら有罪確定 被害者母「悔しい」(毎日新聞)
警部補、部下に銃口向ける=銃刀法違反容疑で書類送検―北海道警(時事通信)
子ども手当、自治体翻弄 短い準備期間、事務煩雑(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たかおかまさよしさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。