スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティアツアー被災地で「お客意識」

バスツアーに全国で申請が殺到するなど、このゴールデンウィークは地震災害ボランティアが大高調された。
片方で、受け入れ態勢の不足でも、ボランティアが自分勝手にある行動に出て行く等の事態も。
取材班が、実際に被害地域ボランティアに参加してきた。


岩手弾丸バスツアーで行ってみた!

【たやすい反面、”お客さん意識”も】

このGW旅行会社主催の被害地域ツアーが大人気。
参加者の大部分は、ボランティア初心者の首都圏サラリーマンという。
値段約2万円の、1泊4日の弾丸ツアーに参加してきた。

早朝に岩手県北東部の沿岸にある野田村に到着。
そんなに知らされないけれど、壊滅的な打撃を受けた地域だ。
最初の作業は、主人現金化の仕組みが分からない写真整理。
「ニュースを見てそわそわした」と抱負を共に話していた参加者が場所を行ったちょうど繋ぐし始める。
しかし、ブラックでも即日融資の要領を捉えることができなくて、それほど進まないままお昼に。
不完全燃焼のような空気が漂う。

午後も続いて写真整理。
しかし、古物商一党が消えた。
ある間に別途クレジットカード現金化の店舗の場所で支援物資の整理をしていた形だ。
現地側いわく、「彼らから『こちらの仕事をしたい』と話してきました」とか。
働き手不足もあって、作業は中途半端に終了を迎えた。

夜、宿泊施設で入浴と夕食を終えて、寝る準備をしていれば、フロントの層が沸きかえる。
バスの旅行会社案内員が「工事の仕事のためにきている方が時々夜に宴会を開かれる」と話していたことを思い出したが、あまりにも騒々しいので見に行くことに。

「そうだな、飲みましょう! 」

顔を赤くした男性に酒を推薦される。
酒を飲んでいたことは、作業員ではなくてツアー参加者だった。
作業中に取った写真や動画を酒の安住に高まる。
施設に入浴に来た住民は、その光景を見て「でも、往来して下さってあるものだけで有難いから……」と共に話した。
野田村は被害の程度に比較して報道が少なくて、一般ボランティアの首都充分でなくなっている。
このようなツアーで、大量の参加者が作業をして、クレジットカード現金化 詐欺より一層お金を失って行くことの要求はあるかも知れない。

翌日は東北各地で個人で来ている人が集まるチームと、ツアーチーム合同で道の側溝の泥作業に。
これが想像以上にハード。
睡眠始動案黙々に仕事をしていたこと、ツアーチームの一部が「私をとって! 」と写真を互いに取り始めた。
別途のツアー参加者も、「感想を!」と動画インタビューを始める処理。
積極的に作業しているとはしても、お金を払っているクレジットカード現金化が違法というお客さん意識があることなのか、被害地域では雰囲気把握を言動が少し目立った。
満面の微笑を浮かべる被害地域ツアーチーム。
その顔をカメラで「パシャリ」ととっていたことは話す必要もない。
スポンサーサイト
プロフィール

たかおかまさよしさん

Author:たかおかまさよしさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。